ザ・サイドストーリー
海峡横断をはじめに泳いだのは誰?

1956年に予定されていた初のロットネスト海峡横断レースに、受け付けてもらえなかったドイツ人スイマー、Gerd von Dincklage Shulenburg,が、それなら自分でやってやるぞと、大会開催の1週間前にコテスロー海岸からロットネスト島まで泳ぎきった。
そこで、このコースの初横断泳者といえば、彼ということになった。.地元のスイマー、トレバー・シーボーン、ニール・アール、レス・ステュアート、トビー・リーガンが、その時のロットネスト海峡横断競技会に参加し、シーボーンが前評判どおりに、1着となった。ところが、1957年には第二回の大会が予定されていたものの、それほどの広い関心が寄せられず、中止になってしまった。
13年後、レスリー・チェリーマンが、初の女性横断泳者となったあと、その後2年間にわたり、毎年横断泳を重ねた。そのうち、過去誰もが試みなかった往復横断も含まれる。(残念ながら復路は不成功・・・)

1990年、ロットネスト海峡のマラソンスイムを定期的に運営、普及することを目的として、ロットネスト海峡横断水泳協会が設立。 1991年に12のソロスイマーと4人リレー、7チームが集まり、初めて公式の大会が開催された。同年、ピーター・タナムが初の往復横断を成し遂げた。往復横断はその後、 1996年にバーバラ・ペリックが成功しているだけ。

2人リレーのデュオの部は1992年に取り入れられた。
1993年には、ゴールの場所を今までのナチュラルジェッティーからトムソンベイの前の浜に変え、泳ぐ距離も少し長くなった。

ロットネスト海峡横断の人気は年々高まり、1998年には、泳者の総数1150人を記録、世界最大のオープンウォータースイムイベントに成長した。 2001年には 1880人の参加者があり、まさに新世紀を機に、新たな歴史の本が書き始められた感がある 幅広く活躍する長距離スイマー、シェリー・テーラー・スミスが1996年に作った女性の大会新記録4時間33分22秒 は、その後、タマラ・ブルースが4時間10分3秒で泳ぎ、現在の新記録となっている。 かつてオーストラリアのオープンウォータースイムの第一人者だった、グラント・ロビンソンが打ち立てた男性の大会新記録4時間8分20秒は、その後、マーク・サリバが4時間0分15秒で泳ぎ、記録を新たに更新した。

2000年には、参加者総数2000人を越えた。

2007年現在、過去705人のソロスイマーが、1173回の横断泳に成功している。近年では、英国、米国、インド、日本、南アフリカ、アイルランドからのソロスイムの成功者も出ており国際的なイベントに発展している。最年長スイマーは72歳のDieter Loeligerで、1996年の初横断から10回の完泳を成し遂げて今だ、記録更新中。